アトピー性皮膚炎を、ステロイドを使わずに治す!完治までの食事療法と自宅ケア

アトピー性皮膚炎をステロイドを極力使わずに改善させるための具体的な食事療法と自宅ケアのまとめ。アトピーが改善したおすすめグッズの口コミ、話題の研究結果についてもシェア。アトピー性皮膚炎に悩んでいる人の参考になれば嬉しいです!! (^o^)/

小児アトピーの食事どうすべき?アレルギー検査は必要?

こんにちは。

今日も娘の小児アトピー改善のためにせっせと保湿を頑張るアトピママです。 
 
先日、保育園のママ友とこんな話をしたんです。
その子はうちの上の息子と同級生なんですが、彼女はこんな悩みがあるそうです。
 
どうやら、息子(3歳)は花粉症が始まってきたらしい。
主な症状は、鼻水、くしゃみ、咳で、とても辛そうでかわいそう。
 
それで、ネットに食事療法の情報があって効果がありそうだから、
様子をみながらちょっとずつ試してみようと思う、というのです。
 
 
彼女のやろうとしていた食事療法の方法は、
お肉を減らしてみる、卵を減らしてみる、などの食物除去でした。
 
私は、「お肉」とか「減らしてみる」とか
このあいまいな感じに違和感を感じました。
 
ネットでちょこっと「アレルギー」「民間療法」とかで調べたんでしょうね。
 
そこで彼女にアレルギー検査をしたことがあるか訊いたところ、
したことがないそうでした。
 
 アレルギー検査、したこともないのに食事療法とは!!
どれだけ無謀なことか。
どれだけ不毛な努力か。
 
道順を決めずにゴールを目指すのと同じ位、意味の無いことです。
 

まずはアレルギー検査を受けようよ!!

もし、あなたが同じような状況で、子供のアレルギー体質を治すために食事療法を行おうとして、このページにたどり着かれたのなら、、、
 
この2点はお願いしたいです。
 
1。もし、お子さんに何かしらのアレルギー症状があるのなら、
まずは内科かアレルギー科に行って、アレルギー検査をしてください。
 
2。その結果、正しいアレルゲン(アレルギーの原因)を確定させて
的確な対策(除去治療)を行ってください。
 
 
特に、すでにアレルギー症状が出ているなら検査はしたほうが良いです。
 
ま、花粉症だけなら原因が明らかなので不要に感じる人も多いのはよくわかりますけれどね。。
 
もし、花粉症のシーズンが終わってもアレルギー症状が治まらない、
もしくは他のアレルギーが始まってしまった(いわゆるアレルギーマーチ)なら、
アレルギー検査は受けておいた方が良いでしょう。
 
 
たとえばですね。
 
ダニにアレルギーのある子供は、抗体のタイプが似ている小麦にアレルギーが
起きることもあるそうですよ。
ダニと小麦、関係ないのにアレルギー業界(?)では類似しているなんて
普通の人は知り得ないことですね。
 
しかも、、、
 
実は、私たちがよく買うようなスーパーで売られている小麦粉にはすでにダニが侵入しているなんて話も。
たとえば、こんなことに心当たりがある場合は危険なんだそうです。
 
●小麦粉を食器棚に入れて常温保存している。
●食器棚には、食べかけのお菓子やココア、かつおぶし、ふりかけもストックしている。
 
どう危険か?
食品がダニに汚染されてる可能性があるってことです!!
 
●小麦に含まれているダニを口にしているうちに、ダニアレルギーになる。
●小麦粉自体にアレルギーがなくても、小麦粉を口にするとなぜかかゆくなる。
こんなアレルギー症状は、実は小麦が原因ではなく小麦粉の袋の中で繁殖したダニが原因のこともあるそうです。
 
 

話がダニの話に逸れてしまいました・・話を食事療法に戻します!

アレルギー検査も、食事療法も、薬物療法も
全て経験してきた私から言わせると、
 
すでに症状が強く出てしまってからのアレルギー症状は
食事療法単体では効果が弱すぎます。
 
食事療法による体質改善は、体に良い事なのですが。
ですが効果はとても穏やかで、気づかないうちに効いてくるものです。
 
そりゃーそうです。対処療法の西洋薬とは違いますからね。
 
ですから、
今出ている症状が強すぎる場合には、対処療法とはいえやっぱり薬で抑えるのが得策です。
その上で、漢方だったりサプリだったり、食事療法などを組み合わせて体質改善をしていくのです。
 
 
アトピーやアレルギー症状はとても不快です。
ですからその不快な症状を先に取り除くことをおすすめします。
お子さんの場合は、花粉症で鼻水まみれになったり、アトピーで汗にも痒みを感じるまでに悪化してしまうと、屋外遊びが難しくなり、結果、日常の運動量や睡眠などに支障が出ますからね。
 
薬に頼りたくない、という気持ちは理解しますが
薬理効果(=今と比べて子供がどれだけ快適に過ごせるか)と
今の状況のままでよいかを天秤にかけて
親御さんが判断されると良いかと思います。
 
 
食事療法だけでつらいアレルギーが治った!等と言うネットのサイトとかありますけれど、あれをすぐ鵜呑みにするのは危険だと思います。
 
食物アレルギーでもないかぎり、
極端な自己流の食物除去は
健康を害する恐れがありますのでおすすめできません。
 
 
もちろん、食事内容を整えることはとっても大事です。
特定の食材を除去する(食物除去)ではなくて、
もっと前の大前提のレベル。
 
・全体の栄養バランス
・添加物が入っていないか
・できるだけ地産地消、旬のものを選ぶ
・・など、食材選びの基本を大切にする。
 
こういった食材選びはもちろん、調理法にも気を遣うと良いです。
中医学の「食養生」の考え方なんですが、この話はまた別の機会に。
 
 
とにかく、私も含め、世の中のお母さんは大変ですね。
 
 
アトピーだと、保湿とか薬とか、服えらび、色々、諸々。
これに加えて子供の食事。
授乳中なら自分自身の食事も。
 
とにかく気を遣うことが多すぎ・頑張り過ぎなんです!
 
 
私も毎日塗り薬を変えては、
あれが合った、これは合わなかった。
 
一喜一憂、一進一退。
 
もう、辛い日々ですよね。
可愛いお子さんがアトピーなんだから、親御さんは尚更つらいですよね。
 
だから、「かいちゃダメ!」ってつい怒ってしまう。
それで余計にストレス感じて、子供はもっとぽりぽりが止まらなくなっちゃう。
 
 
そういうストレスMAXで精神的に「ワーーー!!」ってなってる状態、よくない。
 
 
だから、生きていくうえで基本の、大事なとこだけ、ちょこっと、でもいつもどこかで気にしていく。
 
そのうえで、食べ物にもちょこっと気を遣っていけばいいですよ。
なにごとも、過ぎたるは及ばざるが如し。
 
お母さんまでストレスで眠れなくなっちゃいますよ!
やりすぎは禁物です。
 
 

 まとめます。

・・・というわけで、ちょっとどころかかなり脱線してしまいましたのでまとめます。
●自己判断での安易な食物除去はしない! 
●アレルギー検査を行って、その原因が特定の食物にあるなら、医師の指導のもと、きちんとした順序を追って、除去を進める。
→除去は簡単にできますが、復活(暴露といいます)の方法や順序は素人では簡単にできません。
●特に卵、牛乳、大豆、小麦は適当に除去すると抗体が得られなくなり危険。
→つなぎとして加工されやすく、含まれている食品は本当に多い。将来に大きく影響します。
 
また気になることがあったら更新していきますね☆
最後迄読んでくださりありがとうございました♪