読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトピー性皮膚炎を、ステロイドを使わずに治す!改善から完治までの自宅ケア方法のまとめ

アトピー性皮膚炎をステロイドを極力使わずに改善させるコツと具体的な治療方法のまとめ。アトピーが改善したおすすめグッズの口コミ、話題の研究結果についてもシェアしていきたいと思います。アトピー性皮膚炎に悩んでいる人の参考になれば嬉しいです!! (^o^)/

乳酸菌サプリ「カルピスのアレルケア」でアトピー改善した実例をお話しします

こんにちは。

最近、娘も私もお肌にツヤが戻って来て、嬉しいアトピママです☆

 

さて、先日から続けているカルピスのアレルケア(乳酸菌サプリメント)ですが、このカルピスアレルケアに含まれている乳酸菌については、効果があるのか?

一方、市販の乳酸菌飲料についてはどうなのか?という疑問が出て来たので、まとめてみたいと思います。

 

現在定期購入しているカルピス社(正式名称:アサヒカルピスウェルネス株式会社)から、【「L-92乳酸菌」研究レポート】なるものが届きましたので、そこで公開されている研究結果についても触れてみたいと思います。 

 

また、「L-92乳酸菌以外の乳酸菌は、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を改善してくれるのか?」という疑問もあったので、調べてみました。

 

アトピー改善のきっかけになったらいいな〜♪

 

そもそも、乳酸菌って何なの?

乳酸菌、乳酸菌と巷ではかなりのブームですが、
一言で言ってもその種類は数えきれない程で、ヒトの腸内にいる菌もまだ全てが解明されているわけではないし、

それに加えて、中にはアレルギー症状改善という目的で見るとあんまり良い働きをしてくれない乳酸菌もいるんです。

 

そもそも、乳酸菌をビフィズス菌と混同していることもよく見かけられますけど、この2つは別物ですし、腸内での働きも全く違うから注意が必要ですね。

 

だから、もしあなたが、ただ単に菌種を指定せずに

”「乳酸菌」を摂ればアトピーが良くなるんですか?”
と私・アトピママに訊いて来たら、、、

 

「No」と答えます。

 

さらに言うと、私がいつも参考にさせていただいてるWebMDや、自然療法を取り入れたドクターのHPによると、やはりビフィズス菌がメインになっているヨーグルトは、アトピー持ちは食べるのを避けた方が良いと提唱しています

 

ヨーグルトは発酵食品なのでヘルシーな印象がありますが、ヨーグルトを常食している人の半数は腸内が荒れてしまっているというリサーチ結果(消化器内科、腸の内視鏡を何万ケースと診ているドクター談です)もあり、また、そもそも乳製品は日本人の消化器には遺伝子学的に合わないという意見もあります。

また、市販のヨーグルトに含まれているのはビフィズス菌で、これはお肌の健康を守る「ビオチン(ビタミンH)」を消費してしまう曲者だそうなので、気をつけたいところです。

 

というわけで、普通の乳酸菌をやみくもに摂っても無意味どころか逆効果になる事もあるので注意が必要。

アトピー持ち・アレルギー持ちで症状を改善したい場合は、ビフィズス菌ではなく
「ラクトバチルス」系を積極的に選んで摂ると効果が期待できるようです。

 

特に、「ラクトバチルス・パラカゼイ」か「ラクトバチルス・アシドフィルス」が有効なようで、私が毎日飲んでいる「マルチドフィルス」というアメリカのサプリにも、この2種類の乳酸菌が含まれています。

 

このように、乳酸菌には沢山の種類があり、中にはアレルギー症状を逆に悪化させてしまう恐れがあるものもある事、アレルギー症状緩和に効果のある乳酸菌を積極的に摂取した方がよい事が分かりました。

 

▽私はこれを飲んでいます 

(↑私の愛用中の「マルチドフィルス」の、乳酸菌達。全12種類で、1日あたり200億個↓)

・B.ラクティス
・B.ビフィダム
・B.インファンティス
・B.ロンガム
・L.アシドフィルス
・L.ブレビス
・L.ブルガリクス
・L.パラカゼイ
・L.プラナタラム
・L.ラムノサス
・L.サリバリウス
・ストレプトコッカス・サーモフィルス

 

アレルケアに含まれている「L-92乳酸菌」は「普通の乳酸菌」とどう違うのか?

「L-92乳酸菌」の正式名称は「ラクトバチルス・アシドフィルス」で、これがアレルギー症状の原因である「異常な免疫バランス」を調整してくれる効果があるという研究結果が発表されています。

 

アシドフィルスは、更にカンジダというカビ菌(真菌)を強力に抑える力があるので、カンジダに負けやすい女性にもおすすめされているほどです。

 

実は私も、カンジダに対してアレルギー(クラス2)がありますので、カンジダ対策としても重宝しています。
(私の場合、マルチドフィルスを飲み始めてからカンジダに負けなくなりましたし、楽天市場のレビューでもカンジダを抑制する効果を実感できているケースもよく見られます。) 

 

もっと手軽に、市販で乳酸菌を摂りたいならヨーグルトよりも乳酸菌飲料

さて。

基本的に、乳酸菌を効率よく摂りたいので、私はサプリを第一選択肢としています

ただ、実は、市販の乳酸菌飲料も手放せません。

 

どういうことかというと・・

「(直接的な)アレルギー抑制効果があるか?」と訊かれたら確かに答えはNoです。

けれど、「腸内環境を改善する効果」については、この限りではないです。

 

例えば、特定保健用食品(トクホ)の「ピルクル」や「ヤクルト」「R-1」などは、菌種もしっかり明記されているし菌の数も多いです。

 

我が家で愛用している「ピルクル」は1本65mlあたりに含まれる乳酸菌(Lactobacillus casei (ラクトバチルス カゼイ))が150億個と、サプリに匹敵する多さです。

 

また、ランニングコストが安いという点もメリットがあります。

10本入りで200円〜250円ですから、1日あたり20円〜25円です。

これが全くサプリに取って代わる事ができるか?という事は考えず、ジュース代わり、食後のデザート代わりに、私たちはピルクルを飲んでいます。

 

「ただの乳酸菌」とアトピー改善はすぐには直結しないですが、腸内環境を改善して、傷ついた腸管を修復、そしてアレルギー症状が改善される・・・という自己回復のプロセスを手助けしてくれるという視点で見れば、無駄なことではないかな、という気がしています。

 

一方、気をつけたいのは、ピルクルのような市販の乳酸菌飲料の糖分の高さです。

↑原材料のリストの一番始めに砂糖、ぶどう糖果糖液が記されています。

ピルクル、ヤクルト、カルピスは糖分がとても高いです!!

 

過度な糖分は腸内の悪玉菌を活発にしてしまうため、ピルクルのような乳酸菌飲料に含まれている糖分が腸内の悪玉菌のエサになってしまうのではないか?と心配な部分もあるのです。

ま、そこは「プリンやアイスを食べるよりはマシかな?」と、ちょっと言い訳しつつ、、ストレスなく食事コントロールしている私です。(^^;;

 

でも、なんだかんだこの組み合わせにし出してから、とてもお肌の調子が良いです。

全身の粉吹きはなくなって、痒みも、お風呂上がり以外と朝の寝起き以外はほとんど感じなくなりました。

 

「アトピーは闘っているうちは治らない」

「アトピーは、知らないうちに治る」

痒みを感じて、それに抗っている状態では治らない。

痒みを感じず、日々過ごせるようになったら、完治は目前。

 

このウワサは本当なのかもしれません。

 

痒かったときは、アトピーのことを四六時中考えていましたから、いつも眉間にシワが寄っていて、子供の体に薬を塗る顔も恐かったかも・・・・

 

でも、痒みを感じなくなったら毎日がとても楽しく、毎朝、粉だらけのベッドを掃除することから始めなくてよくなったのがとても嬉しいんです。

 

乳酸菌でのアトピーケアを初めて半年ですが、効果が早まってきている感じがあります。

ピルクルやアレルケアの援護が手厚いからかな?!笑

 

まとめ

最後になりましたが、私が実践している乳酸菌の摂取方法をまとめておきます。

(写真・左から)

●「マルチドフィルス」で腸内環境改善

●「アレルケア」でアレルギー改善

●「ピルクル」で腸内環境改善

●子供にだけ、虫歯予防&おなかケアの乳酸菌のタブレット

 

用途によって使い分けていますが、調子が悪くなりそうなときは、全部飲んでみたりしています。

参考になりましたら幸いです♪

 

★アトピーを改善したい人に特におすすめなのですが、カルピスアレルケアは「L-92 (ラクトバチルス・アシドフィルス)」だけを200億個配合しています。

アトピーの異常な免疫機能を治してくれる働きがあるんだそうです。

最近は肥満を治してくれたり、花粉症を治してくれたり、善玉菌はひっぱりだこで大忙しですね〜(@@;;

そんな善玉菌、実は、数が多ければ多い程、種類が多ければ多い程、相乗効果を発揮してくれます。
ビフィズス菌以外を沢山摂れるように心がけていきたいものですね。