アトピー性皮膚炎を、ステロイドを使わずに治す!完治までの食事療法と自宅ケア

アトピー性皮膚炎をステロイドを極力使わずに改善させるための具体的な食事療法と自宅ケアのまとめ。アトピーが改善したおすすめグッズの口コミ、話題の研究結果についてもシェア。アトピー性皮膚炎に悩んでいる人の参考になれば嬉しいです!! (^o^)/

アトピー肌の善玉菌を守る。ヒューマンフローラのボディーソープの使い方説明

f:id:tommyyoshi-biz:20170608162114j:plain

こんにちは。

アメブロの奮闘記ブログの方では何度かレビューをしている、

「ヒューマンフローラ」という会社の【整菌ラボ】のボディーソープ。

私と娘が実際に使っていて、お肌への効果を実感しているので、こちらでもまとめてみたいと思います。

 

ヒューマンフローラ・整菌ラボについて

このボディーソープ、2010年7月にはNHKの「あさイチ」でも紹介されたことがある、良品ボディーソープなのです。

どうしてTVで紹介されたのか?というと、その成分がかなり独特で、他社にはないコンセプト

お肌の「善玉菌」を守り、応援する「美肌菌スキンケア」ができる、というものです。

 

実際に使っていると分かるのですが、アトピーの痒みや乾燥、ヒリヒリを鎮めてくれる、とても優秀なボディーソープなんですが、使い方がちょっと独特なので、詳しい使い方についてスライドショーにしてまとめてみました。

 

 

ちなみに、私が運営している奮闘記ブログがあるのですが、そちらでは、、

私が今年の春に、ある有名オーガニックメーカーのクリームにかぶれてしまってお肌がボロボロになったり、それとか、
皮膚科医推奨の「あるボディーソープ」を使ってお肌が一気にガサガサになってしまった時、ヒューマンフローラの整菌ラボシリーズを使ってお肌が回復したときの経緯を詳しく紹介していますが、

ヒューマンフローラは掻き壊してズタボロに出血したような傷口にもしみない低刺激なので、
今すでにお肌に炎症が強く出ていたり、痒みがひどくてボロボロに掻き壊してしまっている場合にもストレスなく使えます

※関連サイト:ヒューマンフローラ・整菌ラボのローションとクリームに救われた件|大人アトピー&小児アトピー改善中!完治を目指す奮闘記ブログ☆

 

洗浄料よりも、むしろシャワーのお湯の方がビリビリ痛い・・・という不思議な現象を実感してます。^^;;

 

ちなみに私はヒューマンフローラの「お試しセット」を買ってみて使い心地を確かめてみたところ、使用感がとても良かったので現品をリピート購入しました。

一見何の変哲もないボディーソープですが、善玉菌を応援する成分を生かすためにはちょっとしたコツが要るので、お試しセットの前に、使えそうかどうか?確認してみてくださいね。

※動画では現品(250ml入りのポンプボトル)を使って実際に洗っています。

 

「善玉菌応援成分」配合のオリジナリティ

ヒューマンフローラの整菌ラボシリーズのアイテムには、お肌の善玉菌を応援する「エサ」となる成分が配合されてます。 

善玉菌といえば腸内環境がおなじみなのですが、お肌にももちろんこういう菌は沢山いて、このブログでもご紹介したことのある「カンジダ菌(カビ菌=真菌)」は特に注意して増殖させないようにしたいです。

 

アトピー肌はバリア機能が壊れてますよね?おまけに皮脂の分泌も少ない。
そういうボロボロ肌には善玉菌が住み着きづらいです。(ヒューマンフローラの整菌読本参照。)

普通のボディーソープには洗浄力の強いものもあり、汚れや雑菌(悪玉菌)と一緒に善玉菌も洗い流してしまう。だから善玉菌がいなくなっちゃう

そこで、整菌ラボを使うと、悪い菌をきちんときれいに洗い流し、善玉菌を育む成分をお肌に残せるようになります。

 

「無添加石けん」に安心していませんか?

石けんはノンシリコンだからお肌に良いはず・・なんて言っているようでは、まだまだ知識が足りないかもしれません。

固形石けんだってボディーソープだって、洗浄力は代わりません。むしろ固形石けんはボディーソープに比べて洗浄力が強い傾向にあるようです。

また、石けんのpHも気になるところ。石けんは「弱アルカリ性」が多いです。この「弱あルカリ性」って実はかなりアトピー肌には危険。

健康なお肌は石けんで洗っても大丈夫なんです。

石けんで洗った後のお肌は、弱アルカリ性に一度傾きますが、シャワーの後に皮脂がきちんと分泌されるから徐々に「弱酸性」に戻っていき、このpHだと雑菌が繁殖しづらいのですから。

でも、アトピー肌は皮脂が少なくいので、一度石けんを使うと弱アルカリ性に傾いてしまったまま、理想の「弱酸性」に戻りづらいです。

そして、アルカリ性では自浄力が低い→雑菌が大繁殖してしまう。というわけ。

また、皮脂をエサにしている善玉菌も当然増えにくいですから、雑菌の独壇場になってしまいます。

善玉菌が少なくなったお肌の表面には雑菌は繁殖し放題。

お肌の表面の雑菌のなかには、例の「カンジダ菌(カビ菌=真菌)」もうようよいて、これが大繁殖してしまうと、アトピーの直接の原因になってしまうこともあると最近の研究で明らかになってきました。

 

アトピーは原因が1つじゃない。
ーー「総合的」に対処する事が大切!

アトピーにはいろいろな原因があって、大人の場合、特にそれらが複雑に入り組んでいるというのが定説です。だから、どれか1つだけをがむしゃらに頑張ってもそれほど改善効果が上がらず、ムダと感じてしまうかもしれません。

アトピーは、一進一退を繰り返し、ちょっと改善してもすぐ悪化・・・
だから、悪化するのに慣れちゃってて、慢性化した炎症や皮膚の黒ずみを見る事に慣れてませんか?

私もアトピーと3年の付き合いになり、「炎症のある自分の肌を見る事に慣れてしまいました。」

 

かさぶただらけの手、アトピーが出た始めの頃はとにかく隠したくて、ずっと長袖を着ていました。それで汗をかいて、余計にアトピーを酷くしてしまうこともありました。

 

でも、それで本当にいいんでしょうか?

1日でも早く、痒みのない人生を取り戻したくありませんか?

「なにがなんでも、1日でも早くアトピーを治すんだ!!」って決めたなら、効果がより早く出る方法を選びたくありませんか?

食事療法による腸内環境の改善だけじゃダメ。

スキンケアだけでもダメ。

 

アトピーの1日も早い改善には

体の内側と外側のケアを同時進行でやらないといけない

 

アトピーは一進一退がつきもの。良くなった!と思ったら、また悪化・・・。
グラフでいうと、常にジグザグを描いています。

そして、、

毎日の正しいケア《食事と保湿》が、ジグザググラフを知らないうちに上向きに変えてくれるものです。

 

だから、なんだかいまいち改善しない、という方はボディーソープ選びを間違えているかも。
とくに、深く考えず、あまりよく調べもせずに「ミヨシの石けん」やなんかを使っている人には多いです。

※ 石けんについては賛否両論ありますが、機会があればまとめてみたいと思います。

とくにボディーソープは肌に直接塗るものだから、1回使っただけでも肌のコンディションを劇的に変えてくれることがあります

何を使えば良いかわからなかったり、とにかくアトピーの掻き壊しがしみてバスタイムが辛いという人、あと特に!!!!湯シャンしても改善されず悪化の一途を辿ってる・・って人は、お肌の雑菌が取り切れてない事が疑われるので、整菌ラボのような低刺激・かつお肌に栄養を届けてくれるような成分のボディーソープがおすすめです。

整菌ラボのボディーソープはマジでしみないし、湯シャンより格段に良いです。

ヒューマンフローラ・整菌ラボ。私の体験談についてはアメブロをどうぞ。

ヒューマンフローラの公式ページはこちらをどうぞ。

テレビで紹介された整菌スキンケア!
かゆみ、かぶれ、ぶつぶつなどの肌トラブルに悩んでるあなたへ。
まずはお試しセット1080円!
【ヒューマンフローラ】