アトピー性皮膚炎を、ステロイドを使わずに治す!完治までの食事療法と自宅ケア

アトピー性皮膚炎をステロイドを極力使わずに改善させるための具体的な食事療法と自宅ケアのまとめ。アトピーが改善したおすすめグッズの口コミ、話題の研究結果についてもシェア。アトピー性皮膚炎に悩んでいる人の参考になれば嬉しいです!! (^o^)/

アトピー性皮膚炎治療法:食事編4【生野菜にご注意】

d1a03153efb800bc76940dce924c740f_s.jpg

「酵素」と腸内環境については、数年前から色々なメディアで取り沙汰されていますね。そして、腸内環境といえば、アトピー改善。

「酵素」を意識した食生活、実践されたことのあるアトピーさんたちも多いのではないかと思います。

 

私も2年くらい前、スムージーにハマった時期があり、「酵素」がアトピーの改善にどれだけ効果があるのかを実際に体験(一時期、「食事ノート」をつけて食事法を実践してました)してきました。

もちろん、食事法というのは一朝一夕では効果がわからないので、今まだ続けている途中ですが、色々試したり、リサーチをする中、感じたことは・・

〜「酵素」も「栄養」も使い方を誤ると
   健康を阻害するものとなる事がある〜

これです。

今日はそんな「酵素」の上手な取り入れ方と、酵素を多く含む「生野菜」の上手な食べ方、アトピーを悪化させないために気をつけたい、食べるタイミングについてまとめてみたいと思います。 

■目次

 

野菜の栄養価や酵素は保存期間中にどんどん失われる

今流行のローフード。いいんですよ。いいんです。
でも、農協の採れたて・新鮮なものを材料とすればの話だと思うの。

スーパーで買って来て、冷蔵庫で保存して、3日以上日にちが経ったものを使って、、、なんてやってたら、栄養価、どんどん失われてしまいます・・・・

「野菜は栄養的にカス」とMEC信者から嘲笑されてしまうのもムリはありません。^^;

特に青菜は収穫から2日以内であれば、栄養価が損なわれないと言われていますので早めに食しましょうね♪

 

とはいえ、
私もそうですが共働きの忙しい家庭。週末に買い溜めするしかない時もありますよね。
だから、お野菜を買う時に、栄養価のことを少し考えながら買いましょう。

ちょっとローテーションになってしまうのですが、週の前半は傷みやすい青菜を使ったお料理。週の後半はいも類や根菜類を使ったお料理、などにすると、せっかくの栄養価を損なう事なくいただけます。

 

食養生:生野菜は「冷性・涼性」

体温が低かったり、冷え性だと自覚している女性は注意が必要です。

「酵素」を取り入れたいあまり、スムージーとか、ダメですよ(><;;;;

そこを気にするくらいなら、朝からしょうが紅茶や、白湯だけでも免疫機能が活性化されて体調が変わってくるので、体が冷えやすい場合は、とにかく体温をどうにかして上げた方が多分免疫はバランス取れると思う。

世界的に見て「体温が低い」人種なんです

特にアジア人女性は体温低いから、朝スムージーとか、本当は良くないよ。。
欧米人は筋肉量・血液量・骨格により平均体温がアジア人よりも0.5度程度高いと言われているんですよ。びっくりですよね?!

あと、子供がいるとよく分かるけど、日本では託児所などでの「発熱」の定義は37.5度ですよね。
ところが、アメリカでは37.8度。
子供の頃なんて骨格そんなに変わらないはずなのにね〜。

あと、うちの上の子が赤ちゃんだった時、医師には「38.3度を超えたら電話ちょうだいね」と言われたことがあったっけ。赤ちゃんは発熱しやすいし、平熱も高めだけど、やっぱり欧米では高いんだね〜〜と実感したものでした。

また、外国人あるあるで、真冬に半袖でいるとかcrazyだなって思うけど、そういう人たちは筋肉隆々だったり身長も190cmとかあるわけで、当然蓄熱性も高いわけです。

同じアジア人でも、男性は女性よりも筋肉量多いからむくみにくかったり、月経による血液量やホルモンの上下がないから体調や精神的なものが「ゆらぎ」にくい。

そういうわけで私たちみたいなアジア人女性ってとっても体温が低いらしいから、是非覚えておいてくださいね。

 

肌も世界一弱いらしいし、顔も地味だし・・w

アジア人女性って損なことばっかり〜〜。(T^T)

 

生野菜はいつ摂ればいい?ベストタイミング

結論から言いますと、お昼と夕食の食事の始め この2つのみです。

よく、朝から生野菜サラダを食すことを勧めているマクロビサイトがありますが、アトピーさんには不向きなのでダメですよー。

※ 玄米菜食って「健康食」としては間違いないのですが、アトピーには不向きです。

理由は関連記事をどうぞ:ステロイドなしのアトピー治療法:食事法2【アトピーに雑穀米と玄米がダメな理由】 - アトピー性皮膚炎を、ステロイドを使わずに治す!改善から完治までの自宅ケア方法のまとめ

 

人間の体温は、朝が一番低く、夜になるにつれて高くなります。

体温が35度しかない人が朝に氷の入ったスムージー?胃腸が冷えて、それこそ便秘になります。

そしてそして、悲しいことに、腸内の温度が1度下がると、善玉菌の活動が一気に停止します。折角の善玉菌、きちんと働いてもらいたいですよね?!

 

だから、生野菜を食べたいなら、お昼か夜ご飯の始めに、よく噛んで食べる。
腸内環境を改善したいアトピーさんはこれを守りましょう。

 

食後じゃダメな理由と、フルーツにも注意

サラダをまさか食後に食べる人なんていないでしょうけど、フルーツはどうでしょうか?
実は・・・フルーツも野菜と同じく食後に適さないんですが、ダメな理由、ご存知ですか?

答えは、熱に弱いから。です。ビタミンやミネラルも酵素も熱で壊れてしまうんです。


なぜ食後に生野菜やフルーツを食べると熱で壊れるか?

消化器官は、ご存知の通り1本の管のように繋がっています。

生野菜を食事の始めに食べると、まだ消化活動の始まっていない消化器官に1番乗りできるので、温度がそれほど高くなっていません。

一方、食事の後の方に食べると、胃や腸の中ではその前に食べた動物性たんぱく質や炭水化物が消化されているので、生野菜さん達は自分の番を待つ訳です。

しかも結構な時間。たぶんTDLのそこそこ人気のアトラクション位はかかります。

待っている時に、どうなるか。
体は、消化のために体内の血液を胃腸に集中させるので、高い人は温度が38度にもなるそうです。高くない人だって、37度にはなります。

※ 脇の下で計るのは体表温度。体内の温度はその+1度なので、体表の平熱が36.5度なら37.5度はあると言われています。

そこに生野菜達は1時間やそこら停滞しているわけですね。

外気温37.5度の真夏日に、サラダを盛って1時間放置しているとどうなるか、イメージできそうでしょうか?

あんまり具体的にはイメージしたくないので、このへんで終わりますが、
要は「腐敗」が私達の腸内で起きているわけですね〜。^^; うぇ〜〜。

それに、先に生野菜を食べてからておくことで、一番最初に「消化に良い」酵素を取り入れられるので、後に食べるタンパク質を分解しやすくなります


サラダはよく噛んで食べるのが一番

皮膚の再生に必要なビタミンB郡、抗酸化作用のあるC、そのほか、ミネラルなどもたっぷり摂れるので、生野菜サラダはなんだかんだ おすすめです。

ただし、その際もしっかり噛む事は必須です。

レタスやキャベツの食物繊維も、

よくよく よくよく しっかりと

少なくとも30回、できれば50回噛む。

どうしてか?

葉もの野菜には食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は、腸内環境の改善にとても良いのですが、それは諸刃の剣です。

というのも、食物繊維は消化にとても時間がかかるため、腸内に長い時間停滞するのです。それが長時間、腸内で停滞するからこそ「発酵」して「善玉菌を応援」してくれるのですが、同時に、胃腸を疲れさせてしまうことが分かっています。

アトピーの腸内はズタボロに傷つき、弱り切っているため、胃腸を弱らせる事無く、メリットだけ得たいものです。

去年、とあるタレントさんがTVで同じような話をしてましたけど、

極端でも何でもなく、野菜ジュースになるまで噛むことが大事です。

 

噛むのが面倒ならスムージーもおすすめよん

噛むのが面倒な人はスムージーにしましょう。正直言ってその方が消化・吸収には良いです。

ただし、スムージーにしたとしても口の中で何度もモグモグ噛むと良いですよ。

スムージーはほぼ液体ですけどね、モグモグ噛むと、口の中では「唾液」が分泌され、これがまた良い消化能力を持ってます。

スムージーと唾液とを混ぜる事で、胃に入る前に、1段階、消化プロセスを加えることができます。

 

また、噛む事で満腹中枢も刺激でき、一石二鳥です。

アトピーさんは腸内ズタボロで栄養吸収がとても悪いため、お腹が空きやすいのでドカ食いしやすい→それがさらに腸に負担をかけてズタボロにさせるので、それも防止できます。

これも大事なことだから、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

私はスムージー、ほぼ毎日飲んでます。おやつ代わりにしてます。

ドラッグストアとかじゃなくて、こういう通販のほうがコスパ良いケースがほとんどなので(CMや営業にお金かけてない)、正直通販でしか買ったことない・・w

最近、穀物というかグルテンをかなり減らしてるから、コバラが減った時にモグモグ噛みながら飲んでます。おかげでアトピーも改善してます。

 

ちなみに、酵素は原材料の種類が多ければ多い程◎です。乳酸菌と似たような考え方ですね。

酵素の種類が多いと、それだけ分解できるものの種類が増えるので、より強力な分解能力になるといえます。

↓のような酵素パウダーがおすすめで、この酵素パウダーは250種類と他社と比べても多いクラスです。

レッドポリフェノールの抗酸化作用も期待でき、さらにバジルシードも配合されてるので満腹感もあり、美容と健康の維持にもってこいです。

個包装なのも何気にありがたいです。他社やドラッグストアで手に入るやつはパウチになってるものがほとんどで、会社などでは飲みづらいですからね〜^^;