アトピー性皮膚炎を、ステロイドを使わずに治す!完治までの食事療法と自宅ケア

アトピー性皮膚炎をステロイドを極力使わずに改善させるための具体的な食事療法と自宅ケアのまとめ。アトピーが改善したおすすめグッズの口コミ、話題の研究結果についてもシェア。アトピー性皮膚炎に悩んでいる人の参考になれば嬉しいです!! (^o^)/

改善例:3歳のステロイド&保湿ケアの実例と、2ヶ月後

f:id:tommyyoshi-biz:20171124134833j:plain


私には4歳と1歳の子供がおり、上の4歳は、乳児湿疹以外の肌トラブルが特になく、肌の強い子でよかった。と安心しきっていました。

しかし、子供の肌は本来とても弱いもの。

上の子にも、突然「その時」はやって来ました。

今回は上の子の湿疹が発症してから完治した時の様子を、順を追ってご紹介します。

【ご注意下さい】閲覧注意。記事中に患部の写真を掲載しています。
ご気分が優れない方は当記事を読み進めずに、他の記事へお進みください。

 

湿疹の発症は3歳。きっかけは「花粉症」

上の子が敏感肌になったのは、2017年3月ごろでした。

もともと鼻炎持ちで風邪気味だったところに、花粉症のアレルギーが合併してしまったと診断されました。

このころは下の子(当時1歳)の湿疹の方がもっと酷かったので、正直上の子にはあまり薬などを使っていなかったのです。
それが災いし、気づいた時には上の子の湿疹がとても酷くなってしまいました。

当時の写真がこちらです。

f:id:tommyyoshi-biz:20171124134652p:plain

影で少し分かりにくいですが、
目の周りとほっぺのあたりがガサガサのジュクジュクになってしまいました。

f:id:tommyyoshi-biz:20171124135144p:plain

鼻水が多く出るようになったせいで、鼻の下もガビガビにかぶれました。
右まぶたも真っ赤に腫れて、すこし擦っただけでもグジュグジュの浸出液が出ました。

もともとかぶれやすかった脚にも、炎症が出てしまいました。

f:id:tommyyoshi-biz:20171124141813p:plain

これはさすがにまずい。なにか対処を!ということで、治療を開始しました。

 

湿疹の治療開始。始めはステロイド剤使用

これだけ酷くなってしまっているので、さすがにステロイドで抑えないといけないだろうと思い、皮膚科を受診。
ロコイドとプロペトの混合薬が処方されました。

◆ロコイドの強さはこちらへどうぞ
テロイドの強さのランク一覧とアンテドラッグステロイドまとめ

ステロイドで患部とその周囲を「ガッテン塗り」することから始めます。

治療期間の目安は最初の1週間です。ステロイドの効果は、塗り始めて大体2日目〜3日目にハッキリ現れてきます。
4日目には、とてもきれいになっています。

うちの子供の場合、患部が顔と脚だったので、顔(まぶたはプロペトのみ)と脚全体にステロイドをべったりと塗り、炎症を完璧に抑えてから、保湿ケアの始まりです。

 

保湿ケアを最重要視

1週間のステロイドガッテン塗りで炎症を完璧に消失させてからが、正念場です。
ステロイドを塗って2日目〜1週間目ぐらいは痒みを殆ど感じないのですが、ステロイドの量を減らすと痒みがまたぶり返してしまうからです。

そのため、ステロイドを塗るのを止めてからは、保湿ケア、刺激ケアを最重要視します。それが中途半端だと、また炎症がすぐにぶり返してしまいます。

上の子の場合は、炎症自体は顔全体と、脚でしたが、なぜか全身が鮫肌になっていました。
本人曰く、「ちょっと寒い」と感じることが多かったそうです。

鮫肌はお肌が乾燥しすぎて、毛穴が油分を出そうと隆起するためだとも言われていますので、保湿剤を全身にたっぷり塗るようにしました。

 

 

使い始めは保湿剤に違和感?鮫肌はなめらかになりました

我が家は、保湿ケア、刺激ケアとしてヒューマンフローラのラインを使いました。

上の子はよくおしゃべりするようになっていたのですが、ヒューマンフローラのボディーソープを使い始めたときは「ヌルヌルして、きもちがわるいよ〜」と話していました。

けれど、使い始めてからすぐに鮫肌が良くなったので、使用を続けたかったので必死に説得しました。

「ちょっとヌルヌルするのはいやだね。
 でも、これはお肌がいたくないでしょ?だから、これを使おうね。
 ○○ちゃん(下の子の名前)もいっしょに使ってるよ〜。」

と言うと、素直に使わせてくれるようなりました。

ただ、やっぱりヌルヌルが違和感なようで、使いたくないとたまにダダをこねることも・・

そんな時は、前に使った市販品の「ハ○カラ」のボトルを見せると大人しく諦める・・・という感じ。

このボディーソープ、ドラッグストアで購入した当日の1回だけしか使っていないのですが、よほどしみたらしく、このボトルを見せるとその時の恐怖が蘇ってくるようです。(なんという教育法だ・・^^;)

 

ヒューマンフローラのプレミアムローションはしみなかった

f:id:tommyyoshi-biz:20171124145511j:plain

お風呂上がりの保湿も、ヒューマンフローラのプレミアムラインで揃えました。

かぶれが酷くなる前まで使っていたのが「ママアンドキッズのミルキーローション」だったのですが、とにかくかぶれが酷く、塗ると赤く熱を持った感じになってしまったため、アレルギーを起こしているかも知れないと判断し、使用を中断しました。

前述した通り、ステロイドで炎症と傷口を完璧に治してから、です。

 

ちょっとしたカサつきがあってもローションはしみないので、子供達としてもストレスなく使えているように見られました。

そんなわけでジャンジャン使っていたため、ローションは3ヶ月経たないうちに1つのボトルを使い切ってしまいました。さすがに全身に使うと、減りが速いですね・・・^^;

しかし、このころ、上の子の湿疹がぶり返さなくなったことに気がつきました。

 

保湿ケアが功を奏し、ステロイドの減薬→終了に成功しました

ステロイドを毎日塗らなくなってからは、始めのうちは4日後くらいに炎症が再発しました。
「炎症の再発を見逃さないことが大事です。」とお医者様に言われていたので、カサつきを発見したらすぐにステロイドを塗りました。このときは、まずは全身を保湿してから、ステロイドを「悪い所だけ、スポット的に」塗っていました。

少しでも皮膚が赤くなっていたらすぐにステロイドを塗る事が必要になってきますので、お風呂上がりの保湿はかならず明るい部屋で、入念に行いました。

ステロイドを塗るのは、必要に応じて行っていましたが、保湿ケアに切り替えてから大体1ヶ月くらいすると、ほとんどステロイドは必要ない程にまで肌の強さが復活しました。

その後は、痒みがたまに出るとステロイドを塗ったり、子供が痒がるときは非ステロイドの痒み止め(市販薬)の「ムヒベビー」を塗ったりして過ごしました。
2ヶ月後の6月ごろには痒みを全く訴えないようになりました。

 

ステロイド治療の影に、頼りになる保湿アイテムを用意しましょう

今回はあまりこのサイトに登場しない上の子のケースをまとめてみましたが、参考になりましたでしょうか?

私もよく理解しているのですが、ステロイドの副作用は「皮膚の萎縮」がメインです。

あとマイナーな副作用ですが、「雑菌への耐性」が低くなること。これは「皮膚が萎縮し、薄くなる」ことが原因とされていますので、副作用による副作用といった感じでしょうか。

そのため、ステロイドをガッツリ塗りたくって一度炎症を抑えたとしても、皮膚が薄くなってしまった所はどうしても炎症をぶり返しやすい。

そこで、薬ではない何かでフタ&カバーをして、外部からの刺激を遮断する必要があります。そこで頼りになるのが「保湿剤」というわけです。

 

「保湿剤」なら何でも良いわけではない

皮膚科で処方されるのは「プロペト」や「ヒルドイド」です。

通常はそれでも良いのですが、経験上、どうもプロペトやヒルドイドは結構を促進しすぎてしまうので、ステロイドを離脱したばかりの肌では痒みが起きやすいのが難点です。

そこで頼りにしたいのが、肌にしみない&保湿力の高い&肌の防御力を強力にサポートしてくれる保湿剤です。

私の子供達は2人ともヒューマンフローラのサポートの恩恵を受けていますが、肌に合ったものを選ぶとよいです。

良い物と巡り会えたら、たっぷりガッツリ塗る事が大事です。保湿剤は塗る回数が決められていません。逆に言うと、どれだけ塗っても大丈夫ということです。

朝晩2回ではなく、昼にも保湿をプラスしましょう。

ガッツリと塗りましょう。

 

我が家のおすすめは、ヒューマンフローラです

ヒューマンフローラの詳細は、公式サイトに掲載されていますので、保湿剤を試した事が無い方は是非読んでみてください。きっと役立つことだと思います。

5日分使えるお試しセットが安価で手に入りますので、まずは「しみないかどうか」をご自身の肌で確かめてみて、購入されると良いと思います。

ボディーソープはしみないものを使うのが基本です。
それ以外は、使っていても害悪になるだけです。
これは断言できます。

だから、私のように、肌に合うスキンケア探しをずっと続けてください。
必ず、良い物に出会えると思います。

まずはお試しセットで実感してみてください。 

辛い肌トラブルの救世主!
ヒューマンフローラの整菌スキンケア!
まずはお試しセット1080円!
【整菌スキンケア】