アトピー性皮膚炎を、ステロイドを使わずに治す!完治までの食事療法と自宅ケア

アトピー性皮膚炎をステロイドを極力使わずに改善させるための具体的な食事療法と自宅ケアのまとめ。アトピーが改善したおすすめグッズの口コミ、話題の研究結果についてもシェア。アトピー性皮膚炎に悩んでいる人の参考になれば嬉しいです!! (^o^)/

コップ1杯で一石二鳥の毒素排出♪パイナップルジュースでアトピー肌をリセット!

こんにちは☆

今回は、知られているようであまり知られていない、「アトピー肌のための」ジュースを使ったプチ断食について書いてみようと思います。

まだ、私もこの断食法を実践し始めたばかりですので、上手にまとまっていなかったらすみません。

ただ、効果はなんとなく、実感していますよ☆

追って改編していきますので、今回はポイントだけを。

 

※数ヶ月前、アトピー改善のための毒素排出に関して「とあるテキスト」を手にするきっかけがあり、それを少しずつ実践しているのですが、体の調子がとても良いです。

このテキストの内容は非公開で、著者の方に無断でネットに載せられないことになっています。著者の方へご迷惑になってしまってはいけませんので、ネット上で探すことのできる情報を参考にして、この記事にまとめています。

 

ジュースを使ったプチ断食が気になっている人は、是非読んでみてくださいね〜。

 

断食は「やせ型アトピー肌」に必要か?

プチ断食とかクレンズとか、とても流行っていますよね。

ハリウッドセレブとか、肉食の多い欧米の人が始めたとあって、日本人の中ではやっぱりぽっちゃりした人に人気の食事法です。

私は、、気にはしていたのですが、いかんせん、私はやせ型でどんなに頑張っても太れない体質でして・・・個人的には必要ないかな?と思っていました。

しかし、アトピーとなれば話は別のようです(>_<;;;

 

「やせ型アトピー肌」にこそ断食?

他の記事にも書いていますが、
アトピーの原因は「体内や腸内に溜まりまくった毒素」。

だから、これらを強制的に排出しなければなりません。

加えて、生きてるだけで毒素はどんどん体の中に入ってくるので・・・

普段の生活を続けたら、解毒がいつまでたっても追いつきません。

腸内環境だけよくしても、体の基本的な解毒機能を上げてあげないと、到底追いつかないんです。
(腸内環境が改善されれば免疫機能も高まりますが、時間がかかるという意味です。)

だから、強制的に毒素を排出してあげないといけないって事です。 

 

どんな断食ならアトピー改善に期待できる?

昔から、色々な断食の方法がありますよね。昔は「○○食べるだけダイエット」なんてのもあったっけ。

バナナ断食、リンゴだけダイエット、水だけ断食。

しかし、これらのように「何かだけをひたすら摂りつづける」ようなの本格的な断食を行うには、確かな経験を積んだお医師者さまや指導者の管理の下で行うようにしてくださいね。ネットで部分的に知っただけの曖昧な情報で行うのは危険です。

そんな断食法、お金もかかるし仕事も休めない・・・ですよね(^^;;

そこで、素人にも出来て、アトピー改善に期待出来る断食法があります。

それが、朝食だけを抜いてジュースで済ませる「プチ断食」です。

 

・・本当の本当を言うと、実は朝食は完全に抜いた方がいいんですが、
それはさすがにつらいんですよね。これを読んでくださってるあなたがもし働き世代なら、、よく分かる筈・・・w

旦那さんのお弁当を作って、子供たちに朝ご飯を食べさせて、着替えを手伝い、園に送って・・・
朝食を摂らないままこのような重労働をしては、血糖値が下がりすぎて途中でパワーダウンです(@@;;;

毎日電車通勤している人なんかも、何も食べずにいるのはつらいですね。

そこで、果汁100%のジュースだけなら飲んで良いよ!っていうロジックです。

簡単そうでしょ?(^^♪

 

「朝だけジュース断食」やり方は至って簡単

ジュースをコップ1杯(180ml〜200ml)ゆっくり噛みながら飲む。

これだけ!です。

かくいう私は朝からパン2枚、卵焼き、サラダ・・・とかなり食べる方でしたので最初は辛かったですが、2週間もすれば慣れました。

ジュースの種類は何でも良いわけではないです。

私がよく参考にさせていただいているアトピーブログの管理人さんはニンジンジュースとトマトジュースを勧めていらっしゃいますが、朝の忙しい時に、自分で用意をするのはちょっと手間です。。

また、ニンジンジュースに関して言えば、アトピーの人が毎日飲むのはおすすめされていません。 週にせいぜい2回~3回ぐらいが限度だそうです。
ニンジンは、体力が消耗する病気対策には良いかもしれませんが、アトピーには「あく」が強すぎるのだそうです。 

(たしかに、野菜!野菜!と頑張って毎朝ニンジンだけをミキサーにかけて飲んでたころ、アトピー良くなるどころか便秘がひどくなったっけ・・・(==;;;)

そこで、私はパイナップルジュースとアップルジュースをローテーションして飲んでいます。

 

f:id:tommyyoshi-biz:20170728165446j:plain

パイナップルジュースを飲むメリット

パイナップルには「マンガン」という栄養素が豊富に含まれています。

マンガンは1日あたり3mg〜4mg必要で、お肌の代謝に必要なビオチンが有効に働くことを助けてくれるとっても大事な栄養素です。

普通の食生活をしていては不足することはまずないとされていますが、チーズや乳製品などでカルシウムを大量に摂取するとマンガンの吸収が阻害されます。

また、お肌の細胞同士をくっつける役割を持つ「セラミド」の生成にはマンガンは必須となりますので、セラミドの生成を妨げないためにも、マンガンを意識して摂りたいものです。

パイナップルはこのマンガンを簡単に補ってくれるんです。

 

現在アトピーなのが授乳中のママだったり、母乳栄養の赤ちゃんがアトピーなら・・

マンガンは「愛情のミネラル」と言われていて、特に授乳中のママにはとても必要なミネラルなんです。

そのため、授乳中のママや、離乳までいっていない赤ちゃんがアトピー症状を呈している場合は、普段より積極的に補うことがおすすめですよ。

 

ただし、パイナップルジュースやアップルジュースに限らず、
ジュース類は2歳未満の子供にあげることは止めた方が良いです

甘いジュースに子供の味覚を慣れさせてしまうと、後からお茶やお水などの味の薄いものを飲まなくなってしまいます。(味覚障害)
また、果糖も立派な糖分です。肥満、虫歯などのトラブルの原因にもなってしまいますので、摂り過ぎには注意しましょう。

※ジュースを水で薄める・などの工夫をすると、味覚障害や肥満のリスク回避にはなりますが、虫歯のリスクは減らないので、ご注意を。

 

ざっとまとめてしまいましたが、果汁100%のものを選んでおけば、まず間違いなしです。

朝ジュースで毒素排出を促しながら、ビオチン&セラミドを助けるマンガンの補給!!

一石二鳥です☆

是非、今日から始めてみてくださいね♪